twitterで街をハッピーに!

御猟場道の延長線にはあれとあれ

この記事は40はぴです。

分倍河原のリュミエールの”府中お菓子散歩”をもとに、御猟場道(お狩場道)を通ってきました。

               

東側の始まりは、府中本町駅の近く。

なぜ?って。

府中本町駅近くには、徳川御殿があったからでしょうか?

4月に大國魂神社の境内にオープンした「ふるさと府中歴史館」の壁には

江戸時代の府中近辺の名所を絵図で紹介している資料が貼られています。

徳川御殿が焼失した後も

この高台一帯は、見晴台、休憩の場所になっていたようで

ごろんと横になって涼んでいる人が描かれています。

        

御猟場道は、第2都市遊歩道に整備されていて

数年前に、水の流れのようなモチーフが、足元に描かれました。

京王線分倍河原駅の南側を通ってなおも歩きます。

       

おそばの”よし木”や先日紹介しました”コンキリエ”というレストランもこの近くです。

右手は府中崖線の雑木林。

    

石橋供養塔には、慶應年間の文字が刻まれています。

             

タイトルはわかりませんが、子供たちがいろいろなポーズをしている彫刻があります。

 

                    

鎌倉街道に交差。左手側に中河原駅があります。

         

直進するとNEC府中事業場の正門につきあたります。

 

          

以前は分倍河原駅からNECまでの通勤の方たちが

御猟場道を歩いていたので、別名NEC通りといったのだそうですが

南武線に西府駅が開設され、通勤の人波が変わりました。

 

数年前にNECのガードマンさんに案内してもらって

正門から100メートルぐらいの場所にある”一里塚”を見てきました。

この道はNECで終わるのではなく、一里塚を通って、多摩川に続き

百草の方まで延びていた(?)

 

鷹狩の馬のひづめの音が聞こえそうです。

 

掲載日付:2011/07/17
のりのりのり

街はぴスターライター
のりのりのり さんによって書かれた記事です。

ライター記事一覧へ

街はぴポイント投票♪

この記事は
40はぴです。

スポット情報

店名
御猟場道(第2都市遊歩道)
住所
--
連絡先
--
定休日
--
営業時間
--

この記事へのコメント

コメントを書く

この記事へのコメントはありません。

事務局オススメ記事

  • 街はぴ新規会員登録(登録無料!)
  • モバイルQRコード
    街はぴスマホ
    スマートフォン用の街はぴはこちらからお進みください。
  • 京王沿線生活マガジン「アイボリー」
    京王沿線の生活に役立つ情報をお届けする生活マガジンはこちら!
    詳細はコチラから